■ 超音波検査とは


当院の超音波診断センターでは、腹部(肝臓、胆のう、脾臓、腎臓、膵臓など)、乳腺、甲状腺、皮膚領域、血管の検査を行っております。また、肝臓や乳腺に対しては造影剤を使用した検査にも対応しています。しかし、超音波検査の特性上、肺や胃、骨の検査には適しておりません。
 
当院では診療放射線技師が検査を行い、超音波専門医が二次判定を行います。その後、主治医が最終診断を行います。

 

● 検査の特徴

X線を使用する検査と異なり被ばくすることがありません。
そのため、小さなお子様や妊娠中の方でも安心して検査を受けることが出来ます。
また、検査のほとんどは30分程度で完了します。(検査部位により長くかかる場合もあります。)必要性に応じ、当日検査を行う事も可能です。
 

● 検査前のお願い

腹部領域の検査の場合は、午前中での検査の場合は前日23時以降、午後の検査では朝9時以降絶飲食(水かお茶は可)となります。
食事により胆嚢が縮んでしまい、胆嚢内の観察が難しくなってしまいます。
 

 

また、胃や腸にガスが発生し、腹部全体が観察しづらくなります。
 
膀胱、下腹部(子宮・卵巣、前立腺)の検査の場合には、1~2時間前より、膀胱に尿をためておいてください。